TOPページへ戻る

モニカさんのハーモニカ

「モニカさんのハーモニカ」という本を兄貴からもらいました。
いとうひろしさんという作家さんの書いた絵本です。
モニカさんのハーモニカ

世界的なハーモニカ奏者、モニカさんが、とある理由から「自分の音」をさがしに
旅に出るというお話です。

児童書ですから、短いシンプルなお話ですが、楽器に携わる僕も
共感出来る所がたくさんありました。

「自分の音」・・。色んな意味があると思います。
僕らが一番ほしくて、そして大事にしなきゃいけないものですね。

絵も楽しい感じで良いです。(^)3^)

機会があればご一読を。

2009年11月24日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する