TOPページへ戻る

イゴー・フラック

最近訃報を聞きました。
フランクフルトの楽器展示会で何回か共演した事のある、
ドイツの10ホールズプレイヤー、イゴー・フラックが亡くなったそうです。
まだウチの兄貴位の年齢だったと思います。

普段は、独特の佇まいと眼力を持った、暖かいフレンドリーな人で、
演奏の時は、良い意味でアクの強い、素晴らしいプレイヤーでした。
展示会のデモ演奏でも、真っ赤な顔でいつもフルパワーの演奏をしてくれました。
私の好きな、エモーショナルなタイプのハーピストです。

MR-300を使った、ハンドカバーを使っての音色作りは独特で、
ギターのワウワウみたいだったので、「ジミヘンのヴードゥーチャイルやったらどう?」って
言ったら、ブースで一生懸命練習してくれていたのが思い出されます。
その時は結局、演奏を実現出来ませんでしたが・・。

私はエッジの効いた音楽がとても好きです。
イゴーはどんな曲をやってもエッジが効いてました。
まだ頭に音が残ってますよ、イゴー。

ご冥福をお祈り致します。

2008年03月17日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する