TOPページへ戻る

韓国修理講習レポート

ネットが繋がりましたので、韓国の修理講習レポートしたいと思います。
おヒマな方は読んでください。

行って来たのは先月末。三泊四日で二日間講習、二日間は移動です。

韓国オーケストラ協会の先生方を対象に、複音ハーモニカ、クロマチックの
調律の仕方などについてお話させてもらってきました。


1日目
中部国際空港から二時間ほどで到着。近いっすねー。
でも乗るまでが長いすね。10時前の飛行機に乗るために4時起き。

着いてすぐのお昼に焼肉を頂きました。さすが本場。旨いです。
冷麺も頂きました。灰色で、とても細いけどすごいコシのある麺。
店員さんが、食べる前にハサミでジョキジョキ切ってくれました。
これも旨し。
この後会場を下見、&打ち合わせ。

寒い寒いと聞いていたので、発つ前に暖かい下着類を買い、さらに実家で
もらったおっさん用のU首シャツや股引も持っていきました。
着いたらやっぱり寒くて、今回結局実家でもらったおっさん用が大活躍しました。
さすが長い間愛されているものには理由がありますな。
ホテルではU首&股引でリラックスです。人には見せられない姿。

2日目
講習第1日目。
韓国1
この日は複音ハーモニカの修理についてです。
先生方は、ほとんどが女性です。日本とはちょっと違いますね。
とても熱心に話しを聞いてくれていました。


韓国2
お昼は、韓国式ビュッフェでみんなで食事です。良い雰囲気。
何か学生時代の寮を思い出しました。
キムチやっぱり旨い。
韓国3
日韓スズキのスタッフの皆さんと。今回ホントにお世話になりました。ありがとうございました!

講習の途中、皆さんにはなじみの薄い、10ホールズについても説明をさせてもらいました。
オーケストラの皆さんは、複音&クロマチックの方がほとんどな様で、とても興味を持って
もらえたようです。

この日の講習後、協会の会長さんと先生方に韓国手料理をご馳走になりました。
プルコギ&ビビンパ。旨い。旨いもんばっかです。

3日目
講習第2日目
クロマチックのメンテナンス&調律。
やっぱり皆さんとても熱心。
情報の少ない中で、皆さん調整にはなかなか苦労されてきたようです。
今回の講習が少しは役に立つと良いのですが・・。

韓国4
今回は、韓国スズキのKimさんに通訳をお願いしました。
日本語ペラペラの素晴らしいスタッフです。とってもやりやすかった。
お世話になりました。

10時間を越える、長い講習でしたが、何とか無事終える事が出来ました。
ハードだけど楽しかった。

韓国5
この日は、夜に韓国の若手ハーモニカトリオのミニコンサートがあって
そこでちょこっと演奏させてもらいました。
お客さんの中から、「千の風になって」のリクエストがあってビックリ。
複音の独奏で演奏しました。

韓国6
トリオの皆さんは結構難曲に挑戦されてました。
とても感じのよいお三人。またお会いしたいです。

そう言えばこの晩、外では雪が降ってました。
冬ソナみたいな雰囲気でしたよ。・・見た事ないけど。(^)3^)

4日目
もう帰るだけです。
が、朝にサムゲタンを食べました!!
韓国7

昔台湾の出張で腹を壊した時に、韓国料理屋で私を救ってくれた食べ物です。
その時何も食べられなくて参ってたのですが、これは食べられました。
本場で食べたいと思ってたら願いがかないました。
なんて後味の良い仕事なんでしょうか。

帰りは1時間半で日本です。やっぱ近い。
でも掛川までの高速バスでは、遅れてやってきた疲れでグッタリでした。

以上、ほとんど食べ物の話でしたが韓国レポートでした。
日韓スズキスタッフの皆さん、協会の皆さん、どうもお疲れ様でした!!
&ありがとうございました!!

ハーモニカを通じて外国の方とも関われる。幸せな仕事です。




2008年03月04日 トラックバック(0) コメント(2)

言葉が通じなくっても、音楽があればわかりあえる気がします。
写真いっぱいの楽しいレポートありがとうございます~
窓枠ライブまで、あと3日ですね。楽しみにしています。

2008年03月10日 しんち URL 編集

いよいよ今日です。
楽しんでやりたいです。
よろしくお願いしまーす!!
v-14

2008年03月13日 URL 編集












管理者にだけ公開する